たつき監督の趣味のアニメ(2018/08/30)「ケムリクサ」の感想と考察

恒例の月末動画として『ケムリクサ』の主要キャラクターのビジュアルと音声が一度に公開されましたね。7月末に公開された『へんたつ』の最新話では、これから『ケムリクサ』12話分の製作に入るという意気込みが語られていたので、私はてっきり『趣味の動画』の投稿はお休みになるのかなと思っていたんですけども。そういう部分をあっさりと上回ってファンサービスしてくれるところがたつき監督/irodoriですねー、有り難いことです。


たつき監督のツイート


自分の感想


根拠は薄いんですが、今回の『ケムリクサ』動画に「はじまり」というタイトルがついていたので、『へんたつ』も第1回は「はじまり」だったなーと、そんなことを考えていました。それでひょっとしたらケムリクサの本編のストーリーというよりも、パロディ色を強めてケムリクサの登場キャラクターによる『へんたつ』風動画を作っていくのかなと、そんなことを思ったんです。普通に「趣味の動画」のフリをして、プロモーションを兼ねた前日譚を公開されているのかも知れませんし、どっちであっても楽しい結果ですけどねw
2012年の同人版ケムリクサが読み切りで、新アニメ版ケムリクサが連載のような関係であるとたつき監督が以前仰っていたので、ストーリー展開の大筋としては同人版の流れを踏襲しつつ、映像化される時間軸が6人存命時点になったり、キャラクターの関係性が多少変わっていくのかなとぼんやり考えていたら、たまたま、上記の「観光旅行」ツイートから考察要素を頂きました。なごみはるかさん、ありがとうございます。

6人いるってことに気が取られて、凛の服装が違うってことに気が回らなかったです。それで、同人版にはいなくなった姉妹の能力を受け継ぐ設定があったから、もしかしたら形見の意味で服も受け継ぐのかなと・・・。その時点では「長袖」のことにしか注意を払ってなかったんですけども、びーさんがキービジュアルの凛の服装には、形見の品と思しきものが含まれていることを指摘されていて、とても納得できる形に収まりました。


何とも取り留めがないのですけど、ほぼ1日遅れで自分の感想をまとめてみました。twitterでは色々な方の感想を見て、もっと色々な可能性に言及しておられている方もいらっしゃるのですが、自分発信の内容で絞ると「観光旅行編なのでは」と「長袖を引き継ぐ」という部分だけですね、皆さんスゴイなー、憧れちゃうなー。
続報を楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です