けものフレンズのたつき監督「脚本印税は全く受け取っていない」(ANN)

けものフレンズ2のオーディションにおける台本無断転用問題に端を発して、たつき監督がけものフレンズの脚本印税を全くを受け取っていない(支払われていない)旨をツイート、海外のアニメニュースサイトANN(Anime News Network)でもすぐに記事となっていたようです。(2018-09-14 19:45 EDT 投稿なので東部標準時、たつき監督のツイートからおよそ13時間後の記事です)

引用元:
https://www.animenewsnetwork.com/interest/2018-09-14/former-kemono-friends-director-tatsuki-i-havent-received-any-script-royalties/.136810

Director TATSUKI’s removal from the Kemono Friends anime project was fraught with controversy. The director would go on to accept awards on the series’ first season behalf but neither he nor his animation studio Yaoyorozu were invited back for the second season. The official reason cited by Kadokawa was miscommunication issues stemming from collaboration videos involving the characters, although producer Yoshitada Fukuhara stated the staff had permission to create the shorts.

けものフレンズのアニメプロジェクトからたつき監督が降板となったことは激しい論争を巻き起こしました。監督は1期の代表として(複数の)賞を受け取っていましたが彼だけでなくヤオヨロズアニメーションスタジオも第2期には招かれませんでした。KADOKAWA(訳注:恐らくKFPと混同している)が指摘する表向きの理由は、コラボアニメーション(「ばすてき」)のキャラクターに起因する情報共有の問題があったというものですが、福原慶匡プロデューサーは「スタッフは許可を得て短編動画を作成した」と述べています。

Fans rallied behind TATSUKI who has since gone on to create new projects, including the Keifuku-san original video anime, the Hentatsu anime shorts, and the upcoming Kemurikusa television anime. However, disagreements between the director and Kadokawa aren’t yet fully resolved. TATSUKI took to Twitter on Friday to comment on the plagiarism of audition scripts for the anime’s new season and reveal that he’s still owed money.

ファンはたつきのもとに集まりました、オリジナルビデオアニメ「傾福さん」や短編アニメ「へんたつ」、TVアニメとして放映予定の「ケムリクサ」など新たなプロジェクトを立ち上げ続ける彼のもとに。しかしながら、監督とKADOKAWAの齟齬は未だ全て解消されたわけではありません。たつきは金曜日の夜にツイッターでコメントしました、それは(けものフレンズの)新アニメのオーディション用台本の盗用について、そして彼自身の未払いの脚本費、脚本印税についてです。

TATSUKI wrote: “I was told about the use of a script without permission. It seems the script author’s name wasn’t included, showing the production’s disrespect for creative works…hmmm…Relatedly, I have not seen a single yen for the scripts or any script royalties. From Kemono [Friends]. It’s stressful so I’ve tried not to think about it, but maybe it’s better to speak up after all…”

たつきはこう記しています「台本無断使用のお話教えてもらいましたが、台本作者さんへの言及の無さに創作への蔑視が見えて…うーん…
同じ文字まわりで脚本費全話と脚本印税いまだ1円もお支払いいただけてないんですよね。けもの。しんどいので忘れるようにしてたんですが、やっぱりこういうのも声をあげた方がいいのかなー…」

The Kemono Friends scripts were initially credited to Danchi Tomoo anime scriptwriter Shigenori Tanabe. Tanabe was originally assigned to write for the series, with TATSUKI creating storyboards based on the scripts. However, TATSUKI took over and Tanabe instead sat in on writing meetings from the first to last episode. Tanabe was credited for the anime’s script and series composition during the anime’s run, but the credits were changed after the anime aired to better reflect the writing process. They now credit TATSUKI with series composition.

けものフレンズの脚本は当初、「団地ともお」のアニメの脚本を担当した田辺茂範がクレジットされていました。田辺は元々本作の脚本担当で、たつきがその脚本に基づいてストーリーボード(絵コンテ)を作成しました。しかしながら第1話から最終話まで、脚本会議ではたつきが田辺から脚本を引き継いで担当していました。田辺はアニメの放送期間中、脚本/シリーズ構成としてクレジットされましたが、アニメの放送終了後は執筆のプロセスをより反映した結果としてそのクレジットが変更されました。現在はたつきがシリーズ構成としてクレジットされています。

TATSUKI seems to say that despite taking over the role as the series’ lead scriptwriter, he was not paid for this work in addition to his directing duties.

たつきは、彼の監督業に加え本作の脚本を引き継いで担当したにも関わらずその分の仕事に対しての支払いはなかったと言っています。

Age Global Networks, the company in charge of the auditions for the Kemono Friends’ second season, apologized for its unauthorized use of audition scripts and removed them from the site. The plagiarized script was taken from a blog by a creator known as Akari-sensei. Akari-sensei runs the “Mezasō! Seiyū” blog for aspiring voice actors.

けものフレンズ第2期のオーディションを担当するAge Global Networksは、オーディション用台本の無断使用を謝罪し、サイトから削除しました。盗用された台本は、あかり先生として知られるクリエーターのブログから取られたものです。あかり先生は「目指そう!声優」というブログを声優志望の人に向けて運営しています。

「けものフレンズのたつき監督「脚本印税は全く受け取っていない」(ANN)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です